FC2ブログ

未完の無限科ペディア使いサリーちゃん

わたしのなかには辞典があって、毎日どんどん更新されていく。
誰だってみんな、真っ白くてかっちょいい辞典を持って生まれてきて、いつでもペラペラめくりながら世界を生きていけるなんて、魔法使いみたいでロマンチックだよね。

ことあるごとに開くから、すっかり癖がついてるページは、大切なページ。
大切なひとには大切なページを見せてあげたくなる。大切なページに例外を書き込む作業はとっても愛に満ちている。
仲良しの友人とおしゃべりする最中、わたしの辞典はどんどん更新されていく。
「なるほどねー!」の数だけ、わたしの辞典は完成度を高めていく。「なんじゃそりゃ!」の数だけ、わたしの辞典は保留を抱えて魔力を蓄えていく。

掲載の順番だって自由自在、どんな複雑なネットワークだって含んじゃうから、次から次へと違う項目へジャンプしたってパンクなんかしないのよ! 網羅!

たまに、「あれ? おっかしいなー、今までこのページ見せても平気な相手には、もれなくこのページも見せてきたのに、このひとには見せたくないや」なんて壁に当たったときは、辞典の背をつかんでバッサバッサ振ってみる。
ピロンってはみ出しメモや付箋が出てきて、わたしはそいつをヒントにたくさんの箇所を訂正をする。レイアウトも大胆に変えていく。
そして、そのきっかけをくれた相手の項目にグリグリ印をつけて、ちょっと目立つようにする。


簡単な例を挙げるとこんなとこ。

【上】って言ったらあっちの方向。言うまでもないよ。
上向きは前向き、調子いいときは有意義充足感だけど、はまらないとちょっと無理して大変なイメージ。だから認めてるけど、それだけでは本命にはならない。あいうえおのなかにも居るから多分明るくていいやつ。

【北】って言ったらあっちの方向。寒い。立っててどっちがそれかわかると安心。京都の街は地図が見やくって【北】と【上】はほとんど一緒。
四方位はひとつわかれば全部決まって必要十分条件みな平等! なはずだけど、【北】のトップ感は頭ひとつ抜けてる。わたしも一目おいてる。北に行けば行くほど洗練、スマート、ハイセンス文明。こんなとこかな。パッと見【比】と似てるけど、キャラ違いすぎて見間違うこと書き間違うこと てんでない。

【スマート】賢い、スリム、シュッとしてる、引き算の美しさ、必然性のなせる技、余計なものがない、隅々まで自信満々の説明が出来て潔い、完結した世界。簡潔ブリーフ!
潔いのは美徳。省エネルギー。わたしの全身には一生似合わないから着ないけど、カッコイイぜって憧れるから、一部に身につけていく試みはしていこう。集団二次会の場所サッと決めたり、少ない荷物で旅に出たり。


ああ、なんて わたしにしか価値がないこの作業!

みんな持ってる わたし辞典/俺様辞典は、目に見える辞典みたいな立派な価値はないように見えるけど、そんなことない。絶対持ち主以外にも価値がある。

だって、わたしは好きだもーん、あなたのあのページ。
多分あのページ見て、自分の辞典書き替えるのはわたしだけじゃないと思うよ! 万が一わたしだけだとしたら運命的だし、とにかくわたしはあのページが好きよ!

って、どんどん言っていくのがいいと思うんだよな~


参考文献:『わたし辞典』最新版/ 最新追加項目【わたし辞典】より

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ftmm.blog70.fc2.com/tb.php/394-a6b822c7

 | HOME | 

26歳・女です。

twitter@koyama1987やってます。メールはこちら

Categories

Recent Entries

Archives