FC2ブログ

東京ディズニーリゾートの傘は丈夫なのでおすすめです。

image (4)image[1]
暑いね。
昨日は風の音がグゴーグゴー唸っていて、なかなか寝付けなかった。
もしかして「暴風警報が発令された地域は以下のとおり」の臨時ニュースに、気象予報士の「こんな速度の台風が6月に来るのは稀です」のコメントに、上司の「明日朝の電車止まってたら無理せず連絡ください」の声掛けに、わたしも小学生みたいに浮かれてたのかもしれない。
口では「会社休みになったって仕事が溜まるだけよ」なんて後輩ちゃんに偉そうなこと言いながら、アドレナリンとか出してたのかもしれない。それで寝付けなかったのだとしたら、わたしってまだまだ生意気盛りね。

不思議だったのは、風の強い帰り道、急にとても焼肉が食べたくなったこと。
滅多に買わないお肉屋さんで、牛肉カルビを買って帰った。エノキダケと玉ねぎと炒めて食べた。
SNSにログインすると、誰かも焼肉を食べていて、しかもそれが1人だけじゃなくて、わたしは「ほほう」と思う。

そしてなかなかスッとは寝つけぬ夜、その割りに眠れば案外深い睡眠。そして朝、いつもより15分寝坊。嘘でしょと思うほど蒸し蒸しした快晴。
キッチンに立ち、ちょっぱやで焼肉弁当を詰めてしまう。ああ喉が乾きそうなお昼ごはんー!
菜箸を洗おうとしたら流しのシンクに直径5mmの白い球をひとつ発見。
げ、これってゴキブリか何かの卵? さいあくー!
おそるおそるつまみあげたらエノキダケの先でした。ちゃんちゃん。

そんな一日の終わりと始まり、そして、いま、帰り道。
遠くに見えるUFOみたいな青い光は、東京ドームの横にある後楽園ゆうえんちのアトラクションかなー。
きれいだよねー! センチメンタルは敵だよねー!
スポンサーサイト



早送りのシーン過ごしたい

machi

おはおはおっはー、ようようよっうー!
電車のなかでの傘の置き場困るね、わたしは鞄の端っこに傘の柄ひっかけて床と2点で支える方式をとっています。高さを意識して鞄を持たなければいけないので結構ストレスフルでーす

この間ね、
ローラーガールズ・ダイアリー [DVD]という一言で言えばとってもサイコー!な映画のDVDを観たよ。
本筋はギャルたちのスポーツものなんだけど、ボーイミーツガールの要素もあってね、まあ主人公の高校生が年上のギタリストと出会って仲良くなって一緒に街ぶらついたり夜のプールに行ったりするのですのね。
出会った夜のこのセリフがちょー素敵。

「5分半後何してる?」
"What are you doing in approximately five and a half minutes?"

まあそれはいいとして、映画のなかで、だんだんふたりの距離が縮まっていくシーンっていいよね!
付き合いたて?の数回のデートというか逢瀬を重ねるというか、とにかく何もかも楽しそうなおでかけを何回かするところ。
そういうシーンって、BGMだけがバーーんっと鳴ってふたりの会話はこちらに聞こえてこなくって、笑ってるふたりの顔見ながら頭の中で笑い声鳴らすって感じでさ!
ふたりにとってあっという間だっただろう瞬間を、こっちも早送りで見ちゃう感じ(早送りじゃないけど)。

なんとなくこのイメージに想いを馳せながら悶々過ごしていたのね、そしたら今朝トイレで開いた本に写真の短歌! ってわけですよ。真ん中ね。
俵万智の『チョコレート革命』のなかの1ページ。
わー、なんかぴったりー! 俵万智ってわたしなのー? と思っちゃいます。

恋の成就でもカップルの破局でも会社の倒産でもなんでもいいけど、到達点に達してしまえば
それまでの日々って早送りになるのかな! トントン拍子にみえるのかな!

何もかも覚えていたい派のわたしからしてみれば、
「今日のことも忘れちゃうんだろうなー」
ってその場でアッサリ言えてしまうハードボイルドさってとっても違和感! 違和感って魅惑!
今日の夜はきっと楽しい予定があるから、きっと夢中になっちゃうでしょう。
そしたらきっと今朝のドキドキを忘れてしまう!
だから急いで書いて出かけるよ!!

※トイレには 俵万智の 短歌集 小林聡美の エッセイとともに

 | HOME | 

26歳・女です。

twitter@koyama1987やってます。メールはこちら

Categories

Recent Entries

Archives