FC2ブログ

チューペットVS水風呂

美容院に行った。
じょーきょーして初めての美容院。
よさそうなところに目星をつけて予約して行った。
そのために行きたい街を選ぶところから始めた。
なんか、新鮮だった。

この土地には、美容院なんて歯医者かタバコ屋みたいな間隔で建ってたから、「こじんまりしたところがいいな」なんてわたしの希望で街が限定されることはなかった。
定期的に行く用事をつくりたい街を何の制限もなく選ぶの、新鮮だった。

偉そうな美容師に偉そうに施術されて、薬剤を塗布された髪の毛と一緒にわたしごと放置された。おいしいフレーバーティーと雑誌を渡されてわたしは少しほっとした。

隣の椅子に座っていた清潔感溢れる身なりのOLっぽい女性(医療事務やってるとか言ってた)のところに偉そうな美容師が移動して「今日どうします?」って言った。
わたしは偉そうに雑誌を読みながら何気なく聞き耳をたてる。
「来年結婚式挙げるんで、それに向けて伸ばそうかな~とは思ってて」と彼女が答えた。
(幸せだー! 幸せがここにあるぞ!)
「へー、おめでとうございます」

ほんでふたりは
なんやかんや話していた。
わたしの髪はじわじわ染まっていった。




で、何が書きたかったかっていうと、その女性は既に婚約者の男性と同棲してるらしいのね。まあいいじゃない。ただそれがさー、ふたりで新居を探したって言うんじゃないんだって。「彼がもともと2DKにひとりで住んでたんで転がり込みました」って言うのよ!「だから、ふたりで暮らし始めて、まるまる浮いたわたしの家賃を結婚資金にあててんです」って、えーーー! その男の人甲斐性ありすぎじゃなーい? すごーい。そりゃお互い、付き合う→→→「結婚しない?」 ってなるわなー。はぁー。学生時代はそんな風なことあんまし感じなかったけど、「ひとり暮らしの家が広い」これが確実にモテる要素になりよるで!
暑くていろいろうっちゃりたくなる夜やで! ちんたらブログも書けまへんわ!
シェケナベイベーは今年も水風呂を応援します!
スポンサーサイト



ピエロとゆかいななかまたち




家族にはゴミ呼ばわりされるけど、
コラージュ楽しいです!

わかりやすい話をしよう


余計なことをするときにケチな気持ちになっちゃいけないなあ、とつくづく思う。
芸術や学問なんて大げさなものでなくても、趣味でも贈り物でも ちょっと凝ったおもてなし料理でも。

誰に頼まれたわけでもなく勝手に「やろう」と思えることは、実はそんなに多くない。そういうことを抱えて生きていられるのはいいことだ。

でも、余計なことをするにはお金がかかる。
時間とか、場所とか、とにかくお金に換算できそうなものがいっぱいかかる。

お金をかければいいものができるかと言えばそうとは言えないけど、何かをケチったと思いながらつくったものはケチくさい。
「まあこれでいっか」とセール品のなかから適当に選んだバースデーカードは、送った後もなんとなく悲しい。
そういうものを勝手につくって惨めな気分になるのは、もういやだ。

(一方で、これはお得! なんてコストパフォーマンスの高さだ!と思いながら食べる朝マックは最高。)
(お得感ってのは自分で決めた相場が基準になるから、かなり大事なワードだよね)


余計なことぐらい、勝手に楽しめばいい。
だから、ほんのちょっと贅沢しながら最後までノリノリでいられたらいいよね。


「いつもよりちょっといいボンド買っちゃったよ~ 使い心地抜群だ~」「コンビニでカラーコピーなんてしちゃって贅沢しちゃったな~」「あのCDジャケットとこの映画のパンフレットが並んでるなんて夢のよう~」
そんな程度で舞い上がれるので、コラージュおすすめっすよ

おかげで多趣味になりました


はーいパッキャラマーオ! (カオパットキーマオ!)
暑くなったり寒くなったりデタラメな気候が続くね、アミーゴゥ!


なんとなく気になっている話題のひとつに、「恋人の趣味に感化される? 影響なんて全然されない?」ってのがあります。
聴く音楽とか着る服もそうだし、スポーツ観戦や釣りや美術館巡りやそういう"趣味"にしてもさ。
そんなのバランスの問題で、結局つかず離れずがいいに決まってるんだけど、はじめっからそんな身も蓋もないこと言ーわーなーいーノッ。

このことを考えるたび、わたしがまず一番に思い出すのは、16歳のころに読んだ大槻ケンヂのエッセイ。
大槻ケンヂってU.F.O.が大好きなんだそうよね。
言われてみれば筋肉少女隊でそんなタイトルの唄歌ってた気がするわね。
で、十代の頃か二十代の頃かに付き合っていたある彼女がU.F.O.に全然興味なくて、彼のU.F.O.話をいつも「ふーん」て聞いてたんだって。
大槻ケンヂからしたら、「チェッ。つまんなさそうだなっ、まぁしょうがねぇか」ってなもんでしょうよ。
そんな彼女が、ある日のデートの待ち合わせに首からオペラグラスぶら下げてやってきたんですってよ。
「何それ?」と聞かれて彼女が微笑む。

「今日は一緒にU.F.O.見つけられたらいいなと思って」

ズッキューーーン!
(印象深い割にセリフとか状況とかキッチリ覚えてるわけじゃないので、ちょこちょこ間違ってたらみんなごめんね。)

「あぁ、これだ」と思ったね16歳のわたしは。
わざとっぽくなってもいいから、積極的にこのポーズはとっていこうと思いましたよその瞬間。
こういうポイントを稼ぐことで「かわいい(がられる)はつくれる」わけですよ女子諸君。


もうひとつ思い出すのは高校のときの交換ノート。
感化されやすい代表・わたし(大して知ってる選手のおらんチームのサッカー観戦も行けば、何のこっちゃね? て感じのエミネムだって聴いたし、バガボンドも買いそろえりゃ薦められるがままに髪も伸ばすでしかし。)
に対して、
影響は一切受けない代表・Yちゃん(好きなヴィジュアル系バンドを彼氏がディスった、まじ許せねぇ、って言って不機嫌な日があった。それを眺めてるのがわたしは好きだった。今では頭にエスニックなターバンを巻きつけている日がよくある。あんなの好きな男そうそうおらんやろ、それにしてもどうなってるねんそれ。と思いながらみつめるのがまあまあ好き。そのせいで最近彼女とは目が合わない。)
が、
「ぜぇーーーっったいイヤ! 服装とかこうしてああして言われたら耐えられへん。
思い通りになると思ってること自体がまず腹立つ。想像しただけで腹立つ。
ほんま『ほっとけ』って感じ!」
と強い口調で主張したのよ。
いやぁびっくりしたね。「わたしたち似てるとこあるな~理想の女性像が近いのかしら」と(勝手に)思ってた相手だったから尚更。


まぁどっちの気持ちもわかるよね。譲れん部分は誰にだってあるし。
わたしもエミネムあんまりたくさん聴かなかったもん。結局サッカーよりバスケットの方が観るの好きだしさ。
今頃もっとサッカーに詳しくなってる予定だったんだけどなぁ…

でもね、大槻ケンヂのエッセイに出てきた彼女は染まっちゃったのかい?
たぶん、U.F.O.自体にずぶずぶハマッちゃってはいかない気がするんだな~。
そのクセ「U.F.O.より君のことを知りたいな」とか言われちゃっても鼻唄歌って無視しちゃうような感じでさ~
そのくらいがちょうどいいかもとも思うんだよね~勘だけど


「問題はそれを何人に対して思うかなんと違う?」
そんなセリフも懐かしい。
わたしに影響与えられるひとはいつも5人を超えない気がするな。

あんたにぐらい従順で居たっていいだろう
あんたの前でぐらい悪趣味だっていいだろう
そういうせめぎ合いは、見せてないつもりでも滲み出てるもんだよね。
(見せてないつもりの小娘/クソガキの方がプンプン臭うって知ってたかい? わたしは最近知ったよ!)


ついこの間、会社の昼休みに この「感化されるor DIE?」って話題になったとき、
「されるされる~(以下サッカー・エミネムエピソード披露)
まぁ、そんなわたしも、さすがに片思いの相手の趣味が切手採集だって聞いたときには黙っちゃったけどね! Ha-Ha-Ha!!!」
と岡本夏生のように笑って言ったら、
「でも、今の君、郵便局で切手選ぶ瞬間が好きでしょう?」
と、出会って間もない同僚に言われた。
むっ! なんと!
(晴れた日に一緒に、郵便局へのおつかいへ行ったんだったけども!)

あ~~ そんなところに出ちゃいました?
残っちゃってるんだねぇ、体内に。と思って、お気に入りの会話としてメモリーしました。
えーいやっ

みんな、元気?
(画像説明:醤油瓶に昆布の欠片を入れておくとおいしい気分が高まるのでおすすめです。学生時代のバイト先から盗んだ技です。ほら、こんな風に)

肉も焼く


おいしゅうございました!

たゃんと料理本見ながら作ったらチキンソテー・スキルのレベルが上がった音がしました(天空から)。
是非あなたにも正しい手順インフォメーションをおすそわけ。


鶏もも肉は焼く20分前に冷蔵庫から出して常温に。
筋切りして平らにならして、好きな塩とこしょうをふっておく。
フライパンに薄く油をひいて中火で着火、10秒カウントしてから鶏肉投入! 皮を下にね
2分経ったら、フライ返しやトングでギュウギュウ押し付けながら4分焼き付けて。皮パリパリになるよ。
このとき鶏肉から出る油は丁寧に拭き取る方がいいんだってさ。
そのあとひっくり返して5分間ほったらかし。
お皿に出して2分ぐらい置いてから包丁で切るといい感じ!

今日はトマトを切って炒めただけの最高ソースっす

果実も食べる 木の実も食べる



メキシコから輸入されてるハネジューメロンだって
ハニーデューメロンて書くらしい
段ボールがイケてるなあ~

おじさんもいい感じ。メキシコ人かな?

チェリー酒買った


チェリーソーダって言葉の響きにときめいて、いくつになってもチェリー酒が似合うようなひとになりたいなあと思ったので、とりあえず手元に置いて飲んでいます。

ロング缶で買い貯めたコカ・コーラで割ったらとてもおいしい。瓶のコカ・コーラもかっこいいしおいしいけど、缶のコカ・コーラ大好きよ。

余ったコカ・コーラを飲み干してくれるひとがいないのに気付いてギョッとさみしくなりましたが、寝て朝になれば「ほったらかしても案外炭酸抜けないものね~」なんてものです。チェチェチェチェチェリッシュ!

 | HOME | 

26歳・女です。

twitter@koyama1987やってます。メールはこちら

Categories

Recent Entries

Archives