FC2ブログ

口説き文句になるね

思ったけど、ふと電話を掛けたときに「今ちょうど 君のこと考えてたんだよ!」って言われると すごくすごく感動します。
なんていうか、たとえば落ち込んでいるときにタイミングよく連絡をくれる相手、たまたま暇な日が被って連続して一緒にごはんを食べた相手、そういうひとに対して急に「相性のよさ」を感じることがあります。そこがうまくいってるふたりって、すごく羨ましい。どうしようもないからこそ羨ましい!
ひとが仲良くなるのって、性格どうこうよりそんなもんの方が決定的なのかも、とも思います。
思い込みだらけの21年ですがね
スポンサーサイト



頼んでないけど迷惑掛けた?

あれ、おかしいな、眠気が、短いスパンで、襲ってくるよ、えぇ、おっしゃるとおりの、惰眠ですグガー。
ハロー! やっぱり自家製カレーうどん、最高! SO・HOT!

モハヤ今どき、読み物やら映画やらが、フィクションかノンフィクションかってことは 受け手にとっては大した問題にならないんじゃないか! 『不思議の国のアリス』が夢落ちって初めて読んだときびっくりしたけど、別に夢落ちにしてくんなくてもよかったよ!って思います。(まぁなんかあんのかもね、こどもに向けての教訓めいたメッセージとか配慮が)
テレビタレントだったら、いつかドッキリ企画なんかされることもあって、「テッテレー!ぜーんぶ嘘でした!」「よかったー」という展開が一大事になりうるんだろうよね(わぁ、もし わたしがテレビタレントになったら、「ドッキリじゃないよね?」が口癖になりそう!)
例外的だと思うのは巨大掲示板・2ちゃんねるである「釣り」っていう手法だなぁ。「テッテレー!ぜーんぶ嘘でした!」が効果的なんんだよなー
例えばわたしが見たのは、「怖い手紙が毎日俺ん家のポストに入ってるんだけど」みたいな書き出しで始まって、「俺」が軽いノリで手紙の写真とかがアップする。
他の人が「差出人 誰かわかってるの?」とか「いつから?」とか質問して、「俺」が答えてく。
そのうち物好きな誰かが、その手紙に隠された暗号を発見して解き始めて、「俺」も心当たりあるのかほんとにビビり出す。またその日も新しい手紙が届いて、誰かが暗号を解く。段々他の人も心配してきて「エスカレートしないうちに警察に相談しなよ、住所バレてるんだし」とか「いや、警察はそれくらいじゃ動かないよ」とか言い合ってる。そしたらリアルタイムで「俺」のインターホンがピンポーンって鳴って………
ギャーー!

俺「自作自演でしたー!手紙も自分でつくったよ。暗号気づいてくれてよかった!」

最後のドッキリ宣言(釣り宣言)を見たときって、こんなに巻き込まれて振り回されることって、あるのか。と思うんだよ。
ドッキリが成立するのに、なんかちょうどいいんだよね、2ちゃんねるのムードって。
作り話にしては巧く出来ていない、現実話にしては展開がドラマチック、っていう具合のものがゴロゴロ落ちてる。基本的には おふざけの範疇を越えないんだけど、だからこそつまんないものはいらないよ。って感じかなー

2ちゃんねるの話になっちゃったけど、
「巻き込んでごめんね」「ううん、謝らないでよ。迷惑なんかじゃないよ!」
って本気で言い合える関係ってもっとたくさん築けないのかな、築けないかもしれない。と思ってゾッとしたのです。
とりあえずおふざけのフリをしなきゃ付き合ってもらえないなんて、いやだよね。まぁいかにもカッタイカッタイオッモイオッモイ小説って取っ付きにくいしつまんないんだけどさー確かにわたしも。

ラムーかボムか、マ・ドーラか

メリット・メリット・デメリット! ポジット・ポジット・デポジット!
みなさんおげんこ? 「最近なにしてんの?」って難問!!
今日のわたくしは、ゆっくり洗濯物干して家庭菜園の世話して、まだ見てもない子猫の名前をあれやこれやと考えて 好きな音楽聴きながら今日着る服をゆーっくり選んでちょろっと出かけて 帰ってきてから カレーを煮込みながらDVD鑑賞!
と いうどこのロハス系独身貴族だよって生活営んでます。
極めつけは「もうすぐNBAの試合が始まるし、それまでの間いっちょブログでも更新するか」という頼まれてもいない任務を遂行しだす始末。アーンデッド!!

「いいものをつくるひとは料理も上手なんだよ」
沖縄で出会ったおっちゃんはそう教えてくれたけど、元気でやっているのでしょうか。
今日も私はカレーに余計なものを入れてしまったようでした。
余計なものを入れすぎると 無駄が多いだの 胃がもたれるだの味がはっきりしないだの言われ、
無駄なものを省いてこざっぱりと仕上げると 物足りないだのコクがないだのパンチに欠けるだの言われ、
素材を生かした素朴な味つけも好きだけれど、それで満足かといわれると なかなかどうしてそれが続くと反動でドドド濃厚たれ・ソース・スープを欲してしまう様子です。退屈って言葉は ずっと昔のひとは知っていたのでしょうか?
子猫の名前を考えるとき、好きな物語の登場人物や好きなゲームのモンスターや好きな歴史上の人物や好きな星の名前やら いろいろなカタカナを挙げてみましたが、どれもこれも昔のひとがつくった神話にばかり起源があって「なんだかなぁ」です。さりげないものってもうとっくの昔に出尽くしてしまったのかなぁ。
退屈しのぎに 茶化すことばっかしていたら、いかにも「すべきことをしていない!」自分が浮き彫りになってしまい、これだから無所属っていうのは風当たりが強いのか、って感じです。

海の向こうのスーパースターたちが見せる真剣勝負は、最高のエンターテイメントです。
本人たちからしてみれば、すべきもなにも ただコートでボールを追っているだけなのかもしれませんが、それが全世界から求められているのですからいいですよね。
んんっ!スター集団のなかでもスターだという選手が土壇場でみせるスーパープレイは、やっぱり・・・・すごぉぉぉぉおおい!!!!!

http://www.kizukuriya.com/

おまじないでも唱えてみるか

迷宮 もういいかい? この問題は解決しない
永久 金輪際  おまえにだけは会いたくない
(「溺れる猿は藁をもつかむ」/髭HiGE)

学級 学級 学級崩壊侵攻中 学級崩壊侵攻クロニクル
純情 純情 純情少年暴走中 純情少年暴走トライアル
(「学級崩壊」/相対性理論)

熱めのお湯に跳ねるたまらず 不死鳥のごとくフェニックス
(「SOS」/group_inou)

未だ こたつからおこんにちは! ゴムべら・コロコロ・ドアノブは便利の中の便利・道具の中の道具だと信じてやみません!

いきなりお気に入りの歌詞なんて羅列しちゃって、どこの高校生の落書きだよ!って感じでしたね。「ちゃんと聴いたことないバンドばっかりー」という方も大勢いらっしゃると思うので恐縮なのですが、3組とも今をときめく今の若い人たちです。
あのね、誤解を恐れず言えば、この3つの歌詞は 驚くほど「イメージがわかない」ものだと思うのです。
ためしに聞いてみれば少しは分かってもらえるのかもしれないけど、3つともリズムとかメロディにぴったりぴったり歌詞がのっかってるのです、だからすごく耳に心地よいのです。
な!の!に! 聞き慣れてから いざ歌詞カードを見たら「え?こんな内容だったんだ、何これ」って思えてしまう。(そしてすぐ歌詞の内容を忘れて、何度もこの「こんなんだったっけ?」現象をループできちゃう。)
聞き流す分には語感は文句なしに気持ちいい、特にむずがゆい語句が引っ掛かるわけでもない、説教臭さなど皆無だし口ずさみたくもなる、ただし、くちずさんでも意味が分からん!!!
なぜなら これっていうイメージがわかないから!!! 異常に「感傷的でない」のだと思います。
あまりの不可解さに 何か意味が隠されているのでは! と深読みして暗号解きでも始めそうな勢いですわ。(実際 相対性理論っていうバンド名からして暗号隠しててもおかしくない)

そうこう言ううちに わたしの関心は「なんでお気に入りの歌詞を書きだすのって楽しいんだろう、中高生のノートの落書き集めたら、相当出てくるんじゃないのか?」に移っていっています。
おまけとして 高校生の時のわたしの国語の教科書の落書き貼っておきまーす。
moriooooooooooooooooooooooooogaimurakamipiyoki

GO mother GO(いけいけお母様)

新緑のみぎり、風薫る五月、月のお金が底つく月末、深緑の色増すころ、吹く風も夏めいて、時候の挨拶一覧を調べ、トイレットペーパーを買い足さねばと思い、新緑の野山に萌えるこの頃ですが、こんにちは! げんきですかー!
ちょくちょく雨も降りますが誰かさんが頭痛に悩まされていないことを祈ります!

タイトルは、今家で『ブリジット・ジョーンズの日記』二部作のDVDを観ていて、ある場面で出てきた「GO BRIDJET GO(いけいけブリジット)」がサイコーだったので拝借しました。

わたしには前に大好きなサッカー選手がいて、(今のわたしからしてみれば「サッカーのことよくわからんのに何がそんなに好きだったんだろう? ほんとに好きだったの?」とも思えちゃうんですけど、)まぁ好きだったんです。アベユウキ。
そのときふざけて「わたしだってもうちょっと早く もうちょっと東で産まれてたら、阿部と結婚してたと思う!」と言っていたけどあれはなんだったんだろう!
それに対して「はいはい。何バカなこと言ってんの?」「え?結婚?ぶっとんだね」って軽くあしらわれるのも予想範囲内だったんです。毎回「ほんとだもん!もはやこれは運命のひとだ!」とわたしが居直っているうちに、大それた妄想、あしらう、居直る、という友人とわたしのおふざけのパターンの一種が出来上がっていた!
結婚とか持ち出しちゃってるし、あのときは阿部勇樹に注目しなくなる未来なんてどうでもよかったんだろうなぁ。今日この記事を書きながら久しぶりに阿部勇樹のこと思い出しているわたしは、彼に対して簡単にいえば「熱が冷めた」んだろうし、その低体温がずっと続いてたってことは「飽きた」って言われても仕方ない!

でも当時の私が「そのうち阿部にも飽きるんでしょう?」って友人に尋ねられたら、意地でも「飽きない飽きない!ずっと好きだもん!」って言ったと思う。(おふざけの一環だとしてもね!)
わたしには、そういう未来に対する宣言は”言った者勝ち”みたいな感覚があって、本当に保障するつもりなんかないと思うし、事実なんかどうでもいいのかもしれない。でも「ずっと好きだもん」って言うことはできるから、言ってみる。今はほんとに「ずっと好きでいられたらいいな」と思うし「これだけ好きならずっと好きでいられるんじゃないの」ってちょっとは思う。
そういう、保障できない未来の情熱について、わたしみたいに「飽きない」を宣言することで今の情熱を語ろうとするひともいるし、「保障はできないよ、保障したら いつか”其れすら嘘になるじゃない”」と 未来を語らないことで今の情熱を語る人もいる。どっちもよくわかる。どっちもちょっとずつ嘘っぽい。

でも、お母さんは「わたしはずっとあなたの味方よ」って言ってくれたじゃないか!
わたしはその覚悟を嘘だなんて思わなかったし、お母さんもたぶん保障したかったんだ!

「未来を保障してくれ!」なんてパンクじゃないわ、かっこわるいわ、とも思うんだけど、子ども守っちゃう母親たちってパンクだよなー。ずっとピークだ。
わたしももっと真剣な顔で「ずっと好きです、これが最後です」宣言せなアカンのやと思います。

スキダラケ!

20090515171253.jpg
ごっつぁんです!
パーマネントでカーリーヘアーにしてみて以来、「おかみさん」って呼ばれる生き方に興味津々です! パズー!

わたしはよく「だれかと会話をしながら」 普段の自分の素朴な感覚を言語化していって それなりにまとめようとすることになるのですけど、喋っているうちに、いろんな二者択一を間違えたりひっくり返されたりします。
なんかね、すごい微妙な感覚がうまく伝わるといいんだけど。
例えば この間は「コメントしやすいブログの文章」と「コメントしにくいブログの文章」の話をしていたんですよゥ。もっといえば、「どういう文章のときコメントしようと思うか」みたいなことなんかな。
そのときに、たとえば"一から十まで説明され尽くした 一見したところ抜け目のない文章、(もはや作品?)" と "まとまりのない 飛び飛びで不確定要素が散りばめられた文章" だったら、どっちがコメントしやすい?って話。
そのとき、わたしは「あっ! それはやっぱり前者でしょ!」ってすぐ思ったのです。もはや、筆者の存在から少し離れてその文章を突っついていける、と。その意見に笑うもよし、本筋から離れたところでふざけるもよし!キモチイイ話だー!ゼミみたい。
でも「え?そうか?逆じゃない?」って友人に言われて考え直してみれば、後者にはもっと気楽な気持ちでふらっとコメントをしたくもなる。つっこむ余地がある。わたしの話を採り入れてくれそうな隙がある。ノリノリで自分の意見や助言や提案やらを筆者にぶつけられる。

隙はかなり重要、でも あんまりにも支離滅裂な話にはどこに注目していいんかわからん、かといって相手のなかで結論が出ている話には「そうですね」としか言いようがない。
………あれ?
どっちだっけ?

ってな具合に、二者択一が大幅に揺れ動くことがたまにあるのです。


さあ! 今日もわたしは隙だらけですよ!
なんてねー テヘッ テヘランっ(コメントは勿論欲しいのが当たり前の本音だけど、別にそのためだけにやってるわけじゃないんだし。)
「そりゃ連絡してくれたら嬉しいけどさ、まぁ別にそんな期待してないし気が向いたときに連絡ちょうだいよ」
が成り立つと いいよねー ほんとにねー

惑わせ惑わせ惑わされろ!

パッッキーンマップタツ

ここここここここここここここここんばんはははははははははははははははははは
サイキーン=ドナイデッカー?!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
写真は、ついさっきキッチンで熱湯を注いだところ「パッッキィーン!」とcool&chicな音をたててマップタツに割れて、ツぅッと離れた我が家のグラスの残骸です。誰かにみてほしかったんだー

「すべての仕事は売春である」とJ・L・G も言っていますが、私もそう思います。

とは、女漫画家・岡崎京子の言葉ですが、例に洩れずわたくしめだって、どんなときだって 人間として扱われたいものです。
東京に住む友人は、「俺は俺を人間とみなしてくれる人が好きだから、みんな好きっちゃー好きだし、だから、好きになるのも誰でもいいっちゃー誰でもいいねんけど、なかなかなぁ。みんな嫌いっちゃー嫌いやねんなぁ」と言ってました。
でもわたしにとって、たとえば男のひとに、「女として」評価されるっていうのはすごい快感です。お母さんの友達に「いい娘だね」って言われるのも快感。友達に「いいやつ」って言われた日にゃぁシメたものです。ちょっとした達成感です。
でもほらあのさぁ、たとえばお気に入りのお笑い芸人がいるとして、「この芸人は、ほかの芸人の話聞きながらすごく笑うからいいよなー」「この芸人はとにかく言い方がおもしろいんだよなー」「この芸人は目つきも意地悪そうじゃないしさー」とか、そりゃ具体的な【項目:好きな理由1・2・3】ってのはありますけども、「その項目を満たしてるから好きなんですね?」と尋ねられますと、違うんですよねー。
なんでいいのかわからない! でもおもしろいんだって!
この感じがいいんです! いいんです! ミステリアスがキーなんです!

片手間程度がベター

ハーイ!トゥートゥートゥー! 合言葉はタ・ン・ギ・ン・グ☆
日々思うところは色々とございますが 本当にポロポロと忘れていってしまうものですね。一瞬のササヤカな閃きと決意、が、すごい勢いでゴミ箱アイコンにドラッグアンドドロップですわ。そこのあなた! どうせあなたもそうでしょう?
もったいなーい もったいなーい 全部かき集めさえすれば、誰だって有名になれそうなものをー
そんなことないかー


誰かにプレゼントを贈るとき! これは自分のなかでの様々な気持ちの葛藤に、思わず吹き出してしまいそうになる瞬間では ありませんこと?
たとえば 誰かの誕生日に手料理でもてなしてあげるとき、「料理が上手だって思われたい!」という見栄から、普段使ったことないような通好み調味料をこれみよがしに入れてみちゃう。
「あぁ…、わたし、料理上手なひとって思われたいんだ…」
そういう欲をおさえて、とりあえず平均点はとれるような日頃作り慣れた無難料理で攻める! そして何より大切なのは主菜と副菜のバランスだわ!
「うわぁ、パンチがきいてないなぁもう。もう一捻りして料理凝ってるって思われたいよなー……はっ! わたしはそんなに料理好きに思われたいのか!」
そんなことより、やっぱり相手の大好物をつくってあげるのがいちばんよね! 相手に喜んでほしいって気持ちを忘れてたわっ、いけない いけない!
いやぁしかし、わたし好みの味付けすると甘め甘めになるんだよねー。ふぅ。あの子は薄味の"上品な味付け"が好きそうだしなぁ。雑だと思われるのはいやだし、洗練されてるっぽいレシピでもさがすか、ノートパソコンすちゃっとな……
「あぁ、そうかー、わたしあの子のこと"わたしより洗練されてる"ってみなしてるんだー。へぇー」

まあでも いやでもわたしなりの味付けやら盛り付けの癖は出ちゃうものね。添える薬味が大盛なところとか。
ムンムン! でもそれだけじゃ物足りない! もっとわたしっぽく仕上げたい!
よし!料理自体には支障ないとこで遊ぶか! よーしちっちゃい旗(お子様ランチにあるやつ)でも作って立ーてよっと
「あー、結局わたしがわたしが、って感じなのね。でも、わたしっぽくした方が相手も喜んでくれるのかもなぁ。あ、そのオリジナリティ出す加減は相手に依る! なるほど、この子に対してはこのくらいってことか…ふむ」


「さぁ! 召し上がれ! そして喜びなさい!」
「はーい、喜びまーす。オッイシーイ!ウッレシーイ!」
「そんなわざとらしいのは駄目だ!やり直し! 来年に持ち越し!」

スーパーマンになりたいね

うわぁ5月! メイちゃん!さつきちゃん!
今夜も悪夢にうなされている皆様こんにちは! group_inouの新譜聴きながら眠りに就いたところ ひどくエロチックな夢をみました! オススメ!
「アセロラを毎日大量に食べているんだ」という告白。「え……(ドキッ)」なんのこっちゃねー

自分が、よかれと思ってやったことは全部報われてほしいね。当たり前か。
例えば何か困っているひとが居て、その状況でそのひとが何に対して困っているのかがわかるなら、助け甲斐があるってものです。
(わたしが気管にものを詰めてゲホゲホとむせて、本当に苦しいの半分、恥ずかしいの半分で もう消え入りたかったその瞬間に「よくあるよそういうことー、大丈夫ー?」って軽くあしらってくれたひとを、わたしはほんとうに優しいと感じました。)
せめて わかりやすく困ってくれたらね。誰かの力が必要なんですって 言ってくれたら、こっちも気持ちよく全力で助けにいけるのに。
まぁ、困ってもないうちから力になりたいだなんて思っちゃうから お節介だの重いだのうっとうしいだの邪険に扱われちゃうんだよねー。
我が子への愛やら友人への愛やら とにかく相手に受け止めてもらえなかった愛情というのは、「相手が飢えていなかった」ことが悲劇的!
与える喜びっていうのは、相手が受け止めてくれること込みで喜びでした。
男の殴り合いの喧嘩が美しくみえるのは、暴力的な風景なはずなのに、相手がいる喜びがどこか漂っているからなのかなぁ。GAP!
(そうそう、クローズゼロ2観てきました。)

 | HOME | 

26歳・女です。

twitter@koyama1987やってます。メールはこちら

Categories

Recent Entries

Archives