FC2ブログ

喫茶店にて

おととい?深夜に呼び出されて向かった喫茶店で友人とグダグダ。
「メールの返事が来ない」「電話が掛かってこない」と繰り返し、互いに「諦めーや」と言いながらも自分のこととなると なかなかまったく諦めつかないわたしたちでした。

煙もくもく喫茶店でシロップたっぷりのホットケーキを挟んで、
挙句の果てには『好きな異性に好きであって欲しいものリスト』を作り出す始末。
せっかくだしそれを書いておこうかな。(ほんとしょーもない。)
何かの参考になれば。まぁ、まず参考にならんけど。

◇友人(男)が好きな女の子に好きであって欲しいもの◇
ホットケーキ/甘いもの(和・洋問わず)/東欧/映画/ミュージカル/テニス/スキー/サッカーの華麗さ/酢豚/オムライス/たらこスパゲティ/セロリとツナのサンドイッチ/茶碗蒸し/トマトジュース/牛乳/薬味/フォークダンス(?)/ペンキ塗り/飯盒炊爨/お祭りの出店/京阪より阪急/猫より犬/入浴剤/千川(そいつの友達。いいやつ。)/『魔女の宅急便』/俵万智/村上春樹/江國 香織/チャットモンチー/斉藤和義/モディリアーニ/ケンドーコバヤシ/大竹しのぶ/桃井かおり
番外編~信用できる女友達がひとり居る/お箸をちゃんと持てる/吹奏楽部に入っていた/裁縫は雑巾が縫える程度(ぞうきんで威張る)

◇わたし(女)が好きな男の子に好きであって欲しいもの◇
お酒/格闘技/コーヒー/缶コーヒー(UCCとかベタなやつがベスト)/革ジャン/『ガキつか』/『あらびき団』/映画館/薬味(シソ・生姜・ミョウガあたり)/マスタード/インド/車かバイク/犬より猫/間接照明(?)/夜のドライブ/CD屋さん/うどんよりそば/おっぱい/カレーライス/ハンバーグ/フレンチトースト/たまごごはん/サンドイッチ/うまい棒/コーラ/茶碗蒸し/『ラピュタ』/村上龍/忌野清志郎/宇多田ヒカル/チャットモンチー/ケンドーコバヤシ/自動販売機(?)/『ドラゴンボール』/不良
番外編~靴がナイス/メガネも似合うがサングラスがより似合う。でもしない。/いい棚を持っている/模様替えよくする/ネックレスせーへん


そんなやつ、いない!茶碗蒸し、食べたい!
スポンサーサイト



調子いい人に小説は薦めん

そぞろに冷たい日が続いておりますが、時節柄ご自愛のほどお祈り申し上げます。
今日は飲み会でしこたま飲むだろうから、それまでには言葉にしておきたいことが多分いっぱいある。
女優の杉田かおるは「生理が来たらチャラになる」と言って男遍歴を語っていたが、私の頭のごちゃごちゃはお酒を飲みながらアーダコーダ喋り倒すと一区切りついてしまう。ですからですから、だからどうってこともない、ブツブツ切れる思いの断片をとりあえず書き留めておこうと思うのです。

最近意識してみると、どうもひとりで行動することが多い。
ずっとひとりでいるって意味じゃない。友人と鍋を囲んだり、深夜の喫茶店で一緒にメールの返信を待ったり、そんな日々だ。
ただ、面接など とにかく”わたしの”用事があって、そういった用事と用事の間に埋める用事ってのは(例えば面接とその2時間後からのバイトの間の2時間に買い物行こうとか。)誰かと示し合わせると厄介じゃないですか、いろんな手続きや焦りが。
そんなときに感じるひとりの気楽さに、今のわたしは乗っ取られているわけです。
自分で決められる身の振り方、いい!やりやすい!って。
だから、友人と一緒に過ごすのも急遽そうなった、ってことばっかり。
そういうムードのときは、ほんとうにダラダラと生活することになる。まず朝 起きないよね。

全く同じ日に、全く違う場所の、ふたりの男性から「品がないな!」と言われた。
靴を脱がないとか階段をバタバタ音をたてて降りるとかで。
参ってしまう。いやだな品がない女。
下品なのはそれなりにイヤだから、改めようと思うけど、最近品がない行動が目立つようになったのもいくつか心当たりがあって、そのひとつとして「誰かの影響なんだろうな」と思う。わたしはいつも誰かの影響を受けている。
出雲のあの娘と一緒に居たときは、階段をバタバタ降りなかったもの。
なんだかなぁ。今わたしにとって荒々しさがブームなんだ。きっと。
でも、あー、思い当たるな、あのひとの影響なの。
そうやっていっつもかっこいいと思った「あのひと」に気をとられてばかりで、わたしは結局いつもなりたい自分を自分でつくれない。

まぁ上で言ったふたりの男性のうちのひとりは一緒に暮らしている兄のことなんだけど、そこでわたしは「帰りたくない家」っていうものの存在がどれほど人をすさんだ気持ちにさせるかを知る。
まぁ ふたりで暮らすようになって何度もループしている現象なんだけどね。
また一緒にゲームして仲直りです。

自分の身の回りの色々をわざわざ書いてみると、何かしら愛着が湧くものだ。
一度やってみるとよくわかる。何気ない会話やなんてことない出来事を文章にしてみると、急にたいそう意味あるもののように見えてくる。
「目にうつる すべてのことはメッセージ」とユーミンも歌っていた。
でも、「あぁ、意味があるって言ったって、これはわたしにしか通用しないものなんだろうね。」ってはっきり思う。それは、すごい虚無感。
私小説的⇔西欧的思想??

管理能力が低い。甘い。管理する努力を怠っている。
スケジュール管理、健康管理、金銭管理。なんかいろいろ。
見通しを立ててセーブする、みたいなことが億劫。(みんな億劫は億劫だろ)

ひとりで生きてるわけじゃないのになぁ。
感謝の心、ってどの世界でもよく説かれているからきっと大事なんだろうけど、(宮本武蔵も言ってたし。)「その境地は わたしはまだいいや」って思っている節すらある。
感謝の心があれば「人様に迷惑(とコーヒー)はかけちゃいかん!」の心構えもすんなり身につけられる気がする、けど。
けど????あれ?

調子が悪い、待ち人来ない、こんな日はお布団の中で本を読むことにしている。
こういうとき小説を読んで思うのは、もっと丁寧に生きよう、とか そんなこと。
一瞬しか続かないわたしの感想。体力と管理能力が足りない。切実。
迷惑メールすら、来なけりゃ来ないで物足りない。わたしってばおちゃめさんっ。
ご飯でも炊こうかな。アチャー、米びつスッカラカンだ!
自分家のお米が切れたのにも気付かないなんてどうかしてるよね。ダメだコリャ!
まぁ、トイレ掃除でもしてスッキリしよっと。
だれかのファン倶楽部でも入ってみようかしら。80円切手でも同封しようかしら。

◇今日の受信メールより抜粋◇
朝から病院で点滴うってもらってましたー\(^^)/

怖じ気づいたら負けだぜー

セイハロートゥOSAKA!
阪急電車から オコンニチハ。髪の毛真っ黒お化けにして就職活動始めてみました。
でも面接中に携帯鳴るし(しかも あんたかーい!) もう就活やめようかな。テヘッ

タイトルですが、久しぶりに面接というものをしてみての感想です。
(「ナンデモカンデモ勝ち負けに分けたがるな お前は!」って また言われちゃいそね、ごめんぱい)

例えば 準備不足で自信のないゼミ発表だったり、イケてるメンツのお食事会だったり、英語で尋ねられる飛行機内の「chicken or beef?」だったり。
緊張する、怖じ気づく、空回る、そして後悔するー ってことはよくありますよね世の中に。
そんな悲惨な事態に陥るくらいなら、多少反感買ってでも「イメージが全てだ!」という ある友人の言葉を信じて、とにかく自分を調子に乗せてみるのって悪くないかも。場の雰囲気に呑み込まれる隙を与えないように。
前髪がうまく分かれないとか 薬指の爪が欠けたとか 携帯電話がダサいとか スラスラ言葉を紡げないとか 怖じ気づくきっかけはそれはそれは しょうもないけどいっぱいあって、いっぱいあるけどしょうもない!
星占いだって あんなもん毎朝ニュースでやっちゃって、「我が身を星の動きに託してみる」っていう一番肝心なロマンチックっ気が台無しだわよね!フンッ!ってなもんですよ。

最近は心構えの話ばっかりだね。
完全敗北を認めて服従を決め込んでも、「かわいいね」って許してもらえる場がひとつくらいは欲しいのが本音です。

◇素敵な先輩の発言◇
そうやで、あたしは夢見がちな割りにしっかりしてるねん。○○ちゃんもハッキリさせた方がいいよ!

まつりのあと

こんにちわるだくみーわるだくみー!
もうコリャ冬ですなー。みなさんドテラは着てますか?

昨夜、最近のわたしをドバッと注ぎ込んでいた学祭が終わって、ホッとしたような気分です。
今回のお祭りに関しては、さみしい余韻は まだないなぁ。
大学の学祭だから またそのメンバーで顔合わす生活に戻る、ってのが大きいのかな。
それとも わたしの場合はまだ、そのお祭りで得て、今もこの手に残っているものを眺めてみては浮かれてる段階ってだけなのかも?
まあ いいや

最近「あぁまたか」と思うことは “人間が絡むと問題は一気にややこしくなる”ってことです。
物じゃなくて人間だと、ってことね。
「あの人の気持ちはどうするの?」とか「あの人だって良かれと思ってやったのよ」とか ほんとに腐るほどあるじゃないですか。考慮した方がベターなことが。少しでも考慮されると嬉しいことが。

でも最近では、そんな風にややこしく動き回っている人間たちが 一ヶ所に集まった偶然くらいは、思いっきり正当化(?)しちゃってもいいんかなって思っています。
縁って言うのかなーそういうのは。

集まるべくして集まったメンバーで騒げてとても しあわせでした。
そこに居てくれてありがとう!
バイバイまたね、明日からもよろしくね

◇美容院で手にしたファッション雑誌より抜粋◇
久しぶりに再会した年下クンには、セクシー&ミーハー感のあるおしゃれなイイ女風に!

わしゃ羊飼いか

ぐぉー、ぼんじゅーるじゅるじゅる
みんな、ジュルリな毎日ですか?わたしは寝ても覚めても夢心地です。(眠い。)

あぁ、ついこの間 満月がキレイだね、なんて言ってたのに もうこんなに欠けちゃって。時が経つのがはやいねぇ、なんて。
月や星を見るのが習慣になったのは 京都に来てからだなぁ。
これからも一生わたしは、オリオン座を見る度に京都で出会ったあのひとのことを思い出して、満月を見る度に危険な香りのするあのひとたちを思い出してみるのかしらね。
現在だって、高校時代によく聴いていたナンバーガールの曲を聞けば、当時のことがフラッシュバック現象を起こすように、
19歳のときに読んでいた白石一文を読めば、当時の自分と恋人を思って胸をいためてみるように、
そういうきっかけアイテムってものはたくさん持っているのにさ これからも無尽蔵に増え続けていくのかね。
(にしても特定の音楽や小説なんかならまだしも 月までそんなアイテムに認定されてちゃ世話ないよね)

なんかそんなの途方もないし 過去にすがってるみたいでcoolじゃないなー、って思うところも前からあったんだ、けどね、
でも最近気付いたんだー、"なんとなくロマンチックなこと"って すごく胸に残ってるね。優先的に。
そういうキレイだと思えるものは ちゃんといつの間にか選んで残してあるんだね。

何をロマンチックに感じるかは、何を恥ずかしいと思うかとおんなじくらい 人それぞれ問題 だーと思ってるけど、
そんなこと言われるとドキドキしちゃうかい?え?どうなのどうなのそこんとこ!

◇今日の受信メール◇
必要?

彼女の為に泣けるかな

グッイーブニン!
書きたいことはいろいろあるのよ ただパソコンと遠ざかっているだけで。
最近のわたしは学祭の準備や飲み会や あと印刷大会や授業やバイト。その合間にXbox360 のコントローラを買い足してたまに帰ってはお兄ちゃんと遊ぶ日々です。

ある友人がこないだわたしに
「あなたのブログを見て刺激を受けて、わたしもがんばろう、って思ったよ」って言ってくれた。
嬉しかった!
お互い ハッとさせられることの多い友人関係は素敵だねんね。

ある友人には「おまえ どんくさいな」と言われる。もたもたしていたわたしにイライラしたんだろう!
おっと。正面から見下げられるのが キツいって久々に思い出した。

ある先輩には「最近 おまえと話すと、前に比べて俺の話に同調する率が高くてつまらんくなった」と言われた。
わたしが先輩に影響受けて ほんまにちょっと似てきたんもあると思うんやけど。

ある後輩に「1年前と比べて色気が減ったね」と言ったら、ちょっと気にされた。
お酒の席だったこともあって その後しばらく彼の自虐的な発言が目立った。
スマン!

他の人ではなく そのひとに言われたからこそ「!」と思う言葉はある。
自分の想定している範疇に無いものとの出会いを違和感と考えるなら、やっぱりわたしにとって理想の友人関係に違和感は必要なのだ。

なんとなくその方がナイスだって、わかってはいるんだけど 難しいね

酔いながら笑い飛ばして遊べるくらい ムーディーな違和感ならいつだって大歓迎なんだけどね。
実際は違うからややこしいよね
いつもお互いがそういうムードだってわけじゃないからねー。
変なタイミングで笑い飛ばして相手にいやな思いをさせたくないし、
かといって 相手の言葉に逐一反応して「なんなの?いちいち」って思われるのも なんか違う。

できれば どっちの失敗も許されるポジションとかを築いちゃいたい、まあ欲張りかな

◇父からのメールより抜粋◇
資金は後日 必ず補填する

家庭的なひと、好きです

おいーっす Yeah!

いつか書き留めていたメモを参考に詩を作りました。
こんなもんブログに書いてみてどういうつもりなんでしょうね。

"今日のわたし"
毛布にくるまり わたしはひとり、
もうすぐ終わるわたしの今日を少しおもう。
今日もわたしは このおっぱいをすっかり持て余していた
稼ぐことも養うことにも使えないで
わたしのおっぱいはヤクタタズみたい

あーあ なんだかなぁ
気持ちいいのに わたしのおっぱい

陰ながら応援してる内が華

はろぅ!僕のマスカット・エンジェルたち!

こないだの木曜20時頃かな、久々に大学の図書館に入ってみて、たまたま偶然手にした文藝11月号に載っていた 喜多ふあり「けちゃっぷ」(第45回文藝賞受賞作)を読んできました。にゃはは、ですよ。にゃはは。

瞬時に思ったことを全部ブログに書いちゃうニートの女の子が、数人の人と関わることで嬉しかったりイライラしたり、まぁそんな のほほんとした話ではないんだけど。
(おっ、そんな彼女が恋愛をすることで口に出せないホンネにやきもきしちゃうのカー?という展開を途中 予想してみたら、もう見当外れも甚だしかったよ。そんな陳腐なアレではなくって いわゆるひとつの恐怖の話でした。)
初めて出来た彼女とエッチをするためにAV男優になるような童貞(しかもその娘と別れた後は顔を合わすのが気まずいからって大学を休学してしまうくらい か細い神経の持ち主)から、女の子は羨ましいなんて言われてしまう。
相手に対する女の子の反応(=ブログ)の中でたまにふっと印象的な言葉があったんだけどな、
この記事書くために結構思い出そうとしたんだけど消えてしまったのだよ。
まぁ…読んでくれたらいいんじゃないか?この本離れが激しいわたしですら ふらりと読めたヨミクチです。

今日、フジテレビ『僕らの音楽』にて。下積み時代が長かったPerfumeあーちゃんが
「ぽっと出でも一発屋でもなんでもいいんです。それで知ってくれるんですもん。」
って言ってたのは うんとかっこよかった。
いいなぁ すばらしい ってきぶんになった 応援するぞ!って。

たとえば映像作品を撮る人と撮られる人の間に、
片思いをされる側とする側の間に、
アイドルと応援するファンとの間に、
気付いたら築かれている上下関係は、どうしようもないもののひとつだと思う。
だけど、今思えば、優位に立つ側がいつも優位性を満喫してふんぞり返っているかと言えばそうじゃなくって、服従してる側が勝手に妄想してひとりで訴えてるだけの優位性なのかもしんない。
だから優位っぽい人も実は相手に対して「かなわねぇ」感を持っているかもってこと。
ファンはアイドルに対して敗北感(言葉が悪いかな?)を持っててアイドルを神様!みたいに思って一方的で献身的な愛を捧げているけど、アイドルはアイドルで実はファンに受け入れられなきゃ生活していけないなぁ、なわけだし。事実、Perfumeは全然ふんぞり返っていないぞ。

虐げられるのも心地いいと思ってしまうのはジコチューな開き直りなのだろうか。

友人の文章が、どこかで見たことあるようなセリフの連続で「なんだかなぁ」。
よくあるけどね、そーゆーこと。
まぁ今の彼女にとって それがほんとにすべてなのかもしれないんだから 詳しく話さずにこんなこと書いたらよくないね。
でも そういうふうに思うのはわたしも自分で言ったつもりの言葉がどこかの名言のからの盗作ってことはよくあるから、そんなすごく自分がいやになったばかりだから、ってやっぱタイミングの問題なのかも。世界は今日もわたし中心に回ってんのか

◇今日の母の困った発言~車内にて~◇
このタイミングだと下手すりゃ駅からのこのこ歩いてくるパパ拾えるね。轢いちゃう轢いちゃう。

運がいいやつになりたい

ハーイ!少しばかり更新が滞ったのは 兄との不仲説浮上で家に居づらくパソコンを触る時間が減ったから って、ほんとそれだけだよ!
みんな愛想尽かしてないといいな、そちらは何か変化はありましたか?

テレパシーとかがあればいい!
そしたら誰かの「あー今 思いがけず暇だな…誰かに会いたいかも」とかいう声をキャッチして、ナイスタイミングであちこち飛び回れる!
それって素敵だと思うんよねー。タイミングなんて最後は運じゃないですか。
もちろん自分が超能力者だってことは秘密にしちゃうぜ!オプションくらいでトドメテオクのさー
ところがどっこい わたしの身体には超能力がないからさ、 とにかく頻繁に連絡して「いま暇?」って誘ってみて、別に断わられても「仕方ないねー、残念!んじゃまた誘うわ!」なんて あっけらかんとした軽い態度で臨むくらいが関の山なのかーなんて
軽さがやさしさになるなんて 今までは思いもしなかったんだよ!
重さが美徳だと信じこんでたもんだから わたしは当然のように相手を暴くことに力を注いでた!

思い出すなぁ。
いい女の条件を友人たちと話していたとき、わたしが自信を持って
「サービス精神旺盛な女はいい女!」
って叫んだら、友人(男)が5秒くらい考えて、
「んー、求められたときはな。ニーズありきやろ」
って言ってたっけなー
ひょえー!た・し・か・に!!!!!!!
相手のプライバシーを暴くのも、相手に何かしてあげたいのもこちらの欲を押し付けること!
よくなくないけどいろいろ続かんくなることがよくある!
でも 誰かが歌ってた「受け入れられるってうれしいな」ってのはほんとう!
つべこず言わず会ったらなんとかなるのかも なんです!

◇昨日の受信メール◇
検便ありがとう(キラキラの絵文字)

 | HOME | 

26歳・女です。

twitter@koyama1987やってます。メールはこちら

Categories

Recent Entries

Archives