FC2ブログ

偏りなんてこわくない

はろーモイモイ コモンサバ?
挨拶なら何通りだって持っているんだよー

最近接した色々を固有名詞で挙げてみると、
笑っちゃうくらい血の気が多い。一体 何に飢えているんだろう?

横尾忠則展/『RONIN』ていうアクション映画/小池栄子とMEGUMIとサトエリ3人ばっかりのグラビア雑誌/友人らに薦められた映画『DARK KNIGHT』/映画『キルビル』のサントラCD/川本真琴のCDアルバム

○○専用の道具 とか
××専用の場所 とか
って大好きだ。もう どんどん枷をつけてって欲しい。
靴磨きブラシとか 味見用の小皿とか映画館とか美術館とかガソリンスタンドとか
知らない誰かの思惑どおりのわたしでいい。
その思惑のうち、わたしに優しい面にだけ着目して乗っかっていける気楽さがあるから
だから子どもはやめられん。

◇今夜の受信メール◇
へぇー
スポンサーサイト



くもっくもっく

20080829004915
彼女は言った「街ごと雲に食べられそう」
私は思った「わたぱち食べたい」

言っとくけど酔ってる

20080826001149
これは、茄子を焼いているところです
最高においしかったんだから もうっ

にゅーん

20080825235842
快適快適

待受画面に最適

20080824193225
あなたは今 どんな風景を見ているんでしょう
もう わたしには知れないものだけど
その風景が濁っていないことを願います

今 あなたが何を見ているのか
一緒に居たときは私は考えもしなかったのかもしれません
離れてしまってからしばらくも
わたしの居ない"あなたの今"にどうも興味が持てなかった
今だって 更新するのが少しこわいんですよ

もしかしたら わたしは
説明しなくちゃわかりあえないんだってことにすらイライラするかもしれないです
でも わたしが今思っていることと言えば
「ヨーグルトの酸味って最高」
なんてしょーもないことだから
やっぱりあなたに私をたんと笑ってほしい

無理ならいいよ 我慢します

おにぎりおむすび握り飯

20080824155651
久しぶりに会った友達と焼き鳥食べてふざけあって、そのあと一緒に共通の友達に会いにいった。
ふたりは私の横でクリスチャン=ベイルという名前のイギリス人俳優について話していた。
誰だよ、知らんなッ、と思ってその時はふてゴロゴロ寝していたけど
あとで気になって調べてみたら 去年わざわざ映画館に観に行った『プレステージ』って映画の激渋俳優で
「ああ、アイツラこの人の話してたんだ」

私は今21歳で大学生で、楽しくないことを避けて進む自由を持ってる。そのなかで、わたしは なんでもそこそこ楽しむhappyさを身につけていた。目新しいものはいつだって私をこどもにしてくれると思ってた。
アイツラと話すと、無邪気ってそういうことじゃないんなー、って痛感する。

楽しすぎて死にたくなるような夏休みの1週間が また過ぎてしまいました。一瞬。
人が恋しくてたまらない。そうだ、あの娘の待つ出雲に行こう。

写真は17アイスクリームの自動販売機の取り出し口。顔になっててかわいいね、ってその友達と覗きこんでいたとこです。

いつもにまして とても私にばかり関わる日記になってしまいました。ごめんねオイキムチ。この記事ちゃんと読んでくれた人に 今度グミあげるよ。

◇最近の受信メール◇
ハラキリですむおもてますか?
ハダカで牛車でずるずるのずるむけや小山はん。(←わたし)
ぷらぷらしてるし着いたら連絡してくんなはれ。

他意は無しだ!

shinitai for you

いつもいつも 結局わたしのこころを動かすのは あなたたちの優しさでした
斉藤「そいつを言葉にしたら そのあと何処を見りゃいいの?」
奥田「愛のために あなたのために 生きて行きましょう」(ヒョッコリ!)
斉藤「・・・・・・」

とどめ待ち

ohanayasan
かっこいいTシャツが欲しい。
「Tシャツは何枚あっても困りませんからね。」
「うむ。」

レッツおセンチトゥギャザー!

ほら、斉藤さんも「空腹の声をもっと聞かせて 手紙を読むように 音を見るように 君の声を聞いているよ」なんて言ってくれてることだし。
泣きそうになることがいっぱいあって、もう、私はじっとしてられない!

君の顔が好きだ/斉藤和義

レッツおセンチトゥギャザー!

からだは疲れているのになかなか寝つけない夜。
次の日の予定を辿りながら寝たり起きたりお茶を飲んだり(結局いっぱい寝てた。)

イッコ上の男の先輩がジーパンをお直しを繰り返しながら長いこと履いてるのに触発されて、修理に出していたお気に入りのリーバイスを受け取りに行く。
前も古着のブラウスをキレイに直してくれた修理屋のおにいちゃんとのやりとりに心が浮かれる。

久々に会えた友達が、昔と同じように食後にフリスクをくれる。
彼女と一緒に、共通の友達のライブへ向かった。
初めて行ったちっちゃな酒屋さんみたいなライブハウスはとてもいいところだった。
でも、その横に公園があって、その公園に哀しい思い出があった私は、少しおセンチな気分になった。
彼女は「この公園は"挙句の果て"なのだ」と言ってすべり台の摩擦に痛がってた。
日が沈みかける頃、もうそんな諸々が可笑しくって、私もすべり台を滑り落ちながら、一緒に私の昔の失敗を笑い飛ばしてくれる人が居る幸せを思った。
誰でもいいわけじゃないんだよ。

そのあとは、お酒なんておかわりしながらブルースが気持ちよくってヘラヘラ笑った。友達はスリーピースでジミヘンドリクスを演奏しながら日本語を歌い飛ばしていた。
その日のステージのメインだったおっちゃんバンドが楽しそう過ぎて、愉快な気分。
手拍子していると自分の手のひらが大きくなったような感覚がする。手病死。

友達を駅へ送り届けてぶんぶん手を振って別れて、こないだ知り合った先輩にフラフラ飲みに連れてってもらった。
帰り道、鴨川沿いを歩いて帰るとき、先輩が一緒に歩いてくれて、
「ごめんなさい、そうですよね、後輩が『歩いて帰る』なんて言ったら、『送ろうか』って言わなきゃ仕方ないですよね、うぎゃぁー、結構距離あるのにー」
「ううん、いいよ。歩けて嬉しいよ。」
なんて会話に、すごくホっとさせられる。

買ったばかりの斉藤和義のシングルベストを聞きながら、こうやって記してみると、
淡々とそこにあるだけの世界のなかで どうやらわたしは自分の気分をもりあげるのに必死なご様子。笑えちゃう。
でも、誰かの声をキャッチしたり相手に声を届けようとすることは、やっぱり私を慰めてくれる。相手の誠実さを試すなんて手順踏まなくっても、こっちがやさしくしたいんだから、それでいいはずなんだ。

ほら、斉藤さんも「空腹の声をもっと聞かせて 手紙を読むように 音を見るように 君の声を聞いているよ」なんて言ってくれてることだし。
泣きそうになることがいっぱいあって、もう、私はじっとしてられない!

君の顔が好きだ/斉藤和義

さーあ、まとめてくれよ

・食事を楽しむことを意識するようになってから、知り合いが増えた。
 どちらかと言えば、まぁ どちらかと言えばだけど、距離を詰めようと励む側として。
 (知り合い、なんて言うと"友人に満たない程度のアドレス帳の住人"という匂いがぷんぷんして、まず そのことが気になってしまうかもしれないけど、「相手は私のこと友達と思ってないかもしれないしなー。まだ敬語でオフィシャルな自己紹介し合っただけだしなー、別に私は友人って言っても知り合いって言ってもどっちでもいいんだけど相手がどう言うかわかんないしさー」とか、そんな風なちょっとずるくてショウモナイ様子の伺い方なので、どうぞさらっと流してもらえるとありがたいです。)
 知らない人と出会うのはとても嬉しいことだし、まったく無だった関係を互いに詰めていく過程は楽しいことだと思う。新鮮、ただただ楽しい。

でも、
ふっと、
このまま一生かけて無尽蔵に知り合いが増えていくのかと思うとドキドキする。
アドレス帳から消えてしまっても、相手が私と出逢った事実は消えないことを思うと、少しだけ、相手に対して申し訳なく思う。
今の私は知り合う人皆に対しては 大して自分を捧げて歩み寄れない気がするし、
それ以上に、新しい関係ができると、自分の歩みが自分だけのものでなくなる気がして、人の歩みにお互い引っかき傷を作り合うのかと思うと、なんだか なんだかね。
何にも負いたくないこの感じは、大嫌いなムードだけど自分のなかにズゥーンとあって、吐き気がする。

 その先に、「私が」こどもを産むことに対しての 変なひっかかりがあるんだなー。
子どもに対して、ほんとうにゼロだった関係を生み出すことを思うと泣きそうになる。
世の中のいろんなことが誰かにとっての「私の」出来事だってのは、
「るろうに剣心」って漫画から 昔 学んだはずだったんだけどなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

とか言いながら、「東京に行ったら会いたい人リスト」とかいそいそ作って手帳に挟んでますわ。(意外と人数居なくて焦った。)

・「私はこう思ったの!」とかいう主張は一体なんなんだろうね。
 ここにしか居ない私を、どうにか他の一切の存在と区別したいのかしら。
 私以外の何かと混ざり合える余地をなくしてしまう危機感
 でも そういう「私ならでは」が期待される空気と主張したいただの欲
 あー。痛々しい!笑えないってイヤ!

・死ぬまでずっと どこかには 居るから、別に普遍的な何かなんて求めたって求めなくたって やっていくしかないんだろーう。
 別にいろんなことを知ったからって、うまく居場所を見つけられるなんて約束は誰もしてくれなかったもんね。
でも、違うの、すごく正当性は感じていて、例えば ロック音楽を語るときにビートルズを知らないと発言権が得られないあの感じに。
すっっっごい面倒くささと、あと何だ、大人のアプローチっぽいって印象を受けながらもね。

・「誰かの真似事してやっていくヤツに、俺は魅力を感じない」
っていう高校時代の友人の発言が、ずっと私に覆いかぶさって離れん。
 すごく賛同したい意見だけど、でも、私の場合、逆手にとっていっぱいの人を欺いてきたよ。
 その友人にも悪いことをした、と、今は思ってる。

◇昨日の受信メール◇
no
◇今日の受信メール◇
ない(太陽の絵文字)

攻防戦

最近(ここ2ヶ月くらいで)答えに詰まった質問たち

「今までで言われて一番嬉しかった言葉は?」
「いちばん好きな映画は?」
「どんな音楽が好きなの?」
「どんな職種につきたいの?」
「座右の銘は?」
「ポニョよかった?」
「いちばん好きな歌って何?」
「何で恋人が欲しいの?」
「じゃあ"過去の正当化"にならない振り返りってどんなの?」
「え?恋人が犯罪犯して捕まったら別れるの?」
「大切な人って言われて誰を思い浮かべる?」


浅野忠信が自分の舌をちょんぎってオトシマエをつける映画を見ていて唾が溜まる。とにかく血の気の多い映画 (のDVD、特典映像付き。)
この映画は毎回見るたびに 食欲失せちゃう!と思うけど毎回疲れておなかがすく。
今日は鑑賞直後に あろうことか ステーキを焼いて食べた。ジュゥゥー!
端っこの一切れが、舌ベロみたいに見えて一瞬「うわっ」と思った。
ごちモウ様でした。

◇最近メールを受信していない◇

からだごとだるい

ぽーにょぽにょぽにょ フンフンフッフフーン
芸の!肥やしに!女を抱くー♪

身の回りの人間関係の大半が、距離を測りかねる段階の関係。
きっとみんなそうでしょう。別にそのこと自体を憂いたりはしない。
でも、そういうなかで、宇多田ヒカルも何かの歌詞で歌ってたけど
「ありがとう」とか(「すみません」とか)言われると「なんだーかせつなーい」ですね。
本当に感謝を伝える為に発される「ありがとう」は互いを幸せな気分にさせることを、
知ってしまっている分 余計にね。
遠慮!しなーいで!
別に!遠慮がちにしてくれなくっても!
行儀悪いだなんて!思わないよ!!
たまに誰ががネギラってくれたらそれで十分よ!

◇今日の友人の発言◇
”寝耳に水”ならぬ”寝足に水”かー!
「寝眼球に割り箸。」

うぇっぷ

20080807161900     20080807161858
チョーメ チョーメ チョメ さみしんぼーう

嫌な夢見て変な汗

20080806044809線香花火(中国工場産)が少しキレイ。

「やっていかなあかん この場でこそ、私はやったろうじゃない、フンフンッ!」
という女気(⇔男気)をぼんやり目指しつつも、
それでもどこか 賢い男の人と赤裸々に話していると、私はそれでいいのかな、と立ち止まってしまう。
疑問を持つことが大事だよ、って物心ついたころからさんざ言われてきたけれど。
踏ん切りをつけて 突き進む時、少し理性が疎ましくなる。
「ここしかない」なんて思える私の居場所が、
全体を把握することで割り出せるとしても、
そんなの途方もない作業なんじゃないの。

それとは全く別の話だけど、
ここ数日間の少しずつの出来事で私の心がグゥンと動いて、
私の嗅覚が敏感になっているのを感じる。
草の匂いに、洗顔料の香りに、隣で吸ってる煙草のにおいに、
懐かしい匂いの断片を見つけ出してしまって
少し 嬉しくて うんと切ない!

夏だからかな、
暑いわ。
気づいてしまった以上、気になってしまうね何事も。淋しくなる。
◇最近の受信メール◇
今日はありがとう。今後ともよろしく。

Your lucky deck!!

例えば、仲のいい友人が急に居なくなってしまったら、
私は彼(女)の日記とか手帳とかそういうものから、自分の跡を探すと思う。
一緒に過ごした日が、どういう風に記されているのかすごく気になると思う。
そのことがどれほど慰めになるか わからないけど
探すんだろうな、と思う。

ブログやってると、
「あー、今日○○ちゃんと一緒にご飯食べたのに、今日の記事でそのこと何にも触れなかったら○○ちゃん、ちょっとさみしがるかな?○○ちゃん このブログ見てくれてるって言ってたしナー」とか迷う日がある。

直接本人に「好きだ」とか「楽しかった」とか言うよりも、他の人を通じて聞いたほうが信憑性あるように錯覚するときあるもんね。

それでも、なるべく直接言うよ。
じゃないと、いろいろ おまけがつきそうじゃない。ohireとか付加価値とか。
あ、でもこれだけ言わせて。
「誘うタイミング悪いねん いっつも」って言われても、どうしようもないぞ!皆の衆!

◇今日の受信メール◇
すっかり17歳の気でいたよ
気づかせてくれてありがとう(笑)

 | HOME | 

26歳・女です。

twitter@koyama1987やってます。メールはこちら

Categories

Recent Entries

Archives